Review and book chapter

2015

  • キナーゼシグナル複合体内における正のフィードバックはNF-kBを活性化するスイッチとして働く、 篠原久明、井上健太郎、岡田眞里子、Japanese Scientists in Science 2014、 Link
  • B細胞の免疫応答を制御するシグナル活性の閾値決定機構、 篠原久明、井上健太郎、岡田眞里子、「感染・炎症・免疫」、vol.45:1、Spring 2015 Link

2014

  • B細胞受容体シグナル伝達系における正のフィードバック制御によるNF-κBの活性化のスイッチ様の応答. 篠原久明, 井上健太郎, 岡田眞里子.ライフサイエンス 新着論文レビュー(2014年6月18日) Link
  • シグナル伝達系における制御の規則性と細胞応答の予測. 岡田眞里子.ライフサイエンス領域統合レビュー(2014年1月6日) Link

2012

  • がん細胞情報伝達のダイナミクスとシステムバイオロジー. 岡田眞里子.応用数理 22(3), 193-201, 2012.Link

2011

  • 遺伝子ネットワークのスイッチが細胞運命を決定する. 岡田眞里子. 実験医学, .増刊29 (12), 127-132, 2011. Link

2008

  • シグナル伝達系のシステムバイオロジー ~細胞制御の理論と予測~ 畠山眞里子. 月刊バイオインダストリー, 25(12), 20-25, 2008. Link
  • 数理モデルを用いた細胞内シグナル伝達系の解析~ポストゲノム時代におけるシステムバイオロジー研究の最前線~ 中茎隆、仲隆、畠山眞里子. 計測と制御, 47(2), 132-138, 2008. Link

2007

  • 癌細胞を用いたシグナル伝達研究における多数リン酸化蛋白解析. 畠山眞里子. 分子消化器病, 4(3), 233-238, 2007. Link
  • 生命の謎に“システム解析”で迫る -生物現象を定式化してデザインする研究. 畠山眞里子. 化学, 62, 52-56, 2007. Link
  • 細胞制御理解に向けたRTKシグナル伝達系の統合システム解析. 畠山眞里子. 実験医学, 25 (11), 1649-1655, 2007. Link
  • System properties of ErbB receptor for the understanding of cancer progression. Mariko Hatakeyama. Molecular BioSystems, 3(2), 111-16, 2007. Link
  • The UCSC Genome Browser. 長嶋剛史. 「改訂第2版 バイオデータベースとウェブツール手とり足とり活用法」, 48-55, 2007. Link

2006

  • RTKシグナル伝達系のシステムバイオロジー -数理解析の基礎と創薬への応用. 畠山眞里子、中茎隆、仲隆. 実験医学 24(16), 2530-2535, 2006. Link

2005

  • The RTK consortium white paper. Yoshiyuki Sakaki, Boris N. Kholodenko, Mariko Hatakeyama, Hiroaki Kitano, Walter Kolch, Pierre De Meyts, Yosef Yarden, Hans V. Westerhoff & H. Steven Wiley. The-Scientist, 19, 8-9, 2005.
  • International Consortium on Systems Biology of Receptor Tyrosine Kinase Regulatory Networks. Yoshiyuki Sakaki, Boris N. Kholodenko, Mariko Hatakeyama, Hiroaki Kitano, Walter Kolch, Pierre De Meyts, Yosef Yarden,  Hans V. Westerhoff & H. Steven Wiley. IEE Proceedings of Systems Biology 152, 53-60, 2005.